自分の家はそろそろ?外壁塗装のタイミングを見極める

外壁塗装を意識し始めた時、まず思うのが「自分の家はそろそろなのかな?」ですよね。
明らかに建物に不具合が出る前に実施することが大切ですが、実際は気が付いた時には兆候が出ていることが多いです。

 

ただ、外壁塗装が必要な症状と言われても、普通はよくわからないもので、チェックするのも中々難しいものです。
そこでここでは、どういった症状が見えたときに外壁塗装を考える必要があるかをご案内します。

 

チョーキング現象

過酷な外壁

外壁塗装が新しいうちは艶がありますが、年数が経つとその艶が失われてきます。ここまでは通常の範囲内であり、性能的にも問題ありません。

ただ、更に年月が経った時、壁を手でなぞると白いチョークの粉の様なものがつくことがあります。

 

この状態をチョーキング現象と言い、最も判りやすい外壁塗装の目安として簡単に確認することが出来ます。

 

チョーキング現象はわかりやすくいうと、塗装膜の劣化により起こる現象で、外壁のSOS信号なのです。この状態では、塗装に外壁を守る力は殆どない無防備な状態になっています。
当然防水機能もかなり失われているため、建物に大敵の湿気が入り込みやすい環境になってしまいます。

 

放っておくと、外壁材そのもがダメージを受け、最悪外壁の張替が必要になり思わぬ高額な出費になる場合があるので注意が必要です。

 

外壁の汚れ?実はコケ・カビだった!!

過酷な外壁

塗装の機能性があるうちは、防水性能も保たれているため雨水なども流れやすいのですが、劣化してくると水が落ちにくくなり、外壁表面に湿気が留まり易くなります。

特に、建物の形状により水の通り道になっている場所は湿気が顕著になり、放置するとそういった場所にカビやコケが生えてくることがあります。

 

建物を眺めたときに、水が垂れた様に黒いシミが付いている場所があったら、ただの汚れと思わずに要注意です。よくよく見たら実はコケやカビが生えていたということもあります。

 

外壁のヒビ

過酷な外壁

外壁を確認した時に、もしヒビが入っていたら要注意です。ヒビがあるということは、そこから雨水などが入りこんでしまうということですからね。

ただ、ヒビが入っているから今すぐ外壁塗装をしなくてはいけないということではなく、ヒビの状態によって対応を考えましょう。

 

一般的に、ヒビの隙間が1ミリ以下の場合は、そこまで緊急性を要していませんが、逆に1ミリ以上隙間がある場合は何かしら対応が必要です。
また、ヒビの状態により塗装だけでなく補修工事が必要な場合もありますので、状況に応じた工事を考えましょう。

 

塗装のはがれ

塗装のはがれ

外壁を確認して、塗装がところどころ剥がれている場合も要注意です。基本的に、年月が経ったからと言って塗装が剥がれてくるというのは、以前の施工不良の可能性もありますが、いずれにしても下地が出てしまっている状態では外壁の防水性能は期待できません。

 

また、何かの原因で外壁に傷がつき、その傷から雨水が入り込み塗装の剥がれに繋がっていることも考えられます。
これは放っておいても当然元に戻ることはありませんし、逆にどんどん悪化するだけです。
もし劣化が原因であれば、他の場所も剥がれてくることも考えられます。
部分補修で済む場合もありますので、塗装の剥がれを見つけたらまずは専門業者に見積もりを依頼してみましょう。

 

塗装のふくらみ

塗装のぼこぼこ

塗装に気泡が入った様に膨らんでいる部分があったら気を付けましょう。これは塗装が下地から剥がれてしまっている状態です。

こうなると、その部分に湿気がたまり外壁材を部分的に傷めてしまいます。

 

 

これも、以前の施工不良の可能性がありますが、このふくらみが破れてしまうと更に直接雨水がそこから入り込んでしまうため劣化の進行を早めてしまいます。
この場合は、膨らんでいる部分をしっかり取り去って下地処理のやり直しから必要ですので、そういう部分もしっかりと気を使ってくれる業者選びが大事になってきます。

 

外壁材の間のコーキングが剥がれている

コーキング剥がれ

建物の外壁には、コーキングと呼ばれるゴム状の材料が使われていることが多いです。

外壁材同士の間の隙間を埋めていたり、窓枠と外壁材の隙間を埋めていたりと、柔軟性があり、防水機能も抜群です。

 

これが、時間が経つと紫外線や雨水・季節の温度変化の影響で効果してきてその柔軟性を失ってしまいます。そうなるとコーキング自体がひび割れしてきたり、密着している外壁材から剥がれてしまったりします。

 

もちろんこうなるとその隙間から雨水が入り込みますので、建物には悪い影響が出てしまいます。
もし部分的な劣化だけであれば、コーキングの打ち直しという作業だけで済みますし、外壁塗装のタイミングであれば同時に施工することで出来るだけ費用を抑えることも出来ます。

 

何か当てはまる項目がある場合は・・・

いかがでしょうか?あなたの自宅に何か当てはまる点がある場合は、外壁塗装が必要な可能性が高いです。
ただ、1つの業者の判断のみではその正確性がわかりませんので、複数の業者に見積もりを取って本当に何か必要なのか比較と、適正な価格を知ることが大事です。

失敗しない外壁塗装のために一括見積で適正価格と作業内容を比較!

一括見積を利用したところ、自分で探した業者見積もり150万円の外壁塗装が80万円になりました。
結果、差額70万円もお得に依頼できました。


下記の無料一括見積比較サイトで、あなたの近くの信頼出来て1番安い外壁塗装業者が簡単に見つかります!また、業者と何らかのトラブルになってしまった方の、実に70%以上が1社だけの見積もりで決めてしまっているという調査結果があります。

トラブルを未然に防ぐためにも、比較サイトを有効活用して外壁塗装の相場を知り、適正価格で依頼できます。

登録業者は、独自の厳しい審査に合格した優良業者だけなので安心です!

外壁塗装一括比較の3大優良サイトと言えばここ!


◆外壁塗装代が最大50%オフに! 外壁塗装駆け込み寺

日本全国に対応している無料一括見積もりサイトです。全国500社の優良業者が登録されており、電話番号と延べ床面積のみの入力で気軽に複数の業者から見積もりが取れちゃいます。
具体的な検討になるまでは、外壁塗装駆け込み寺が窓口になりますので、営業攻撃に会う心配もなく、お断りも代行してくれるので安心です。

⇒外壁塗装駆け込み寺の詳細はこちら
対応エリア 受付時間 おススメ度
全国 9:00〜20:00 外壁塗装,見積もり,比較,業者選び

◆◆利用者数10万人突破の人気サイト 外壁塗装の窓口
外壁塗装の窓口 外壁塗装の見積を無料で複数社へ見積もって比較できるサイトです。無料&匿名で見積もりが取れちゃいます。
加盟しているのは、厳しい審査をクリアした優良業者のみなので価格はもちろん、塗装品質も安心してお任せできます。外壁の相談窓口が完全中立な立場であなたをサポートしてくれます!

⇒外壁塗装の窓口の詳細はこちら
対応エリア 受付時間 おススメ度
全国 24時間受付 外壁塗装,見積もり,比較,業者選び


◆◆あなたの地域の最安値を探せる! 外壁塗装の案内所

あなたの地域の優良業者を複数探せる外壁塗装の一括見積比較サイトです。 見積もった方の約90%が安くなりました!地元で安心・適正価格の業者を手軽に探せます。
塗装に関する相談は、中立なアドバイザーがサポートしてくれるので安心です。

⇒外壁塗装の案内所の詳細はこちら
対応エリア 受付時間 おススメ度
全国 9:00〜18:00 外壁塗装,見積もり,比較,業者選び

全て利用者満足度90%以上の優良サイトなので安心です。もちろん全て無料で利用できますので、相場を知るためにも複数の業者から見積もりが取れて比較できる一括見積サイトを活用しましょう。